おがっこ宿泊体験学習とは

 平成28年度から、なまはげオートキャンプ場を活動の拠点として、市内各小学校ごとに5年生の宿泊体験学習を実施しています。

 おがっこ宿泊体験学習は、各校の計画を基に、男鹿市内の各機関と連携しながら、男鹿の自然や伝統文化、産業等に関わる体験をし、ふるさとを大切に思う気持ちを養うことを目的としています。

 

 令和元年度のおがっこ体験学習から

 各校の活動の中から、特徴的な活動を紹介します。男鹿市を活動の場とした体験活動を通して、ふるさとのよさを再発見できました。

 

【海水を用いた豆腐づくり体験】

 かつて戸賀地区で行われていた製法で、豆腐づくりを体験しました。大豆をすりつぶす時には、すり鉢や石臼も用いました。初めての石臼に子供たちは大喜びです。

                 

   かまどでご飯を炊き、お豆腐の味噌汁やおからハンバーグ、おからドーナツ等をつくって、昼食として食べました。  かまどで炊いたご飯の美味しさは格別です。                                                

   

【サザエキャンドルづくり体験】

 船越小学校では、サザエのからを使ってキャンドルを作りました。普段見慣れているサザエのからが、可愛いキャンドルに大変身です。    

      

     

【和太鼓体験】

 船川第一小学校と北陽小学校は、男鹿温泉交流会館 五風で和太鼓体験をしました。和太鼓の迫力ある音に魅せられました。

   

      

【男鹿水族館GAOでの体験】

 バックヤード見学や磯観察、ハタハタの生態系に関するアクティビティ等を体験しました。男鹿産の食材を用いた地産地消バイキングも好評です。

 

    

  

 

この他に、野外炊飯や、テント泊、ナイトハイク、天体観察などを楽しみ、友情を深めました。