市長だより 平成28年3月

     

 2月12、13、14日は第53回なまはげ柴灯まつりでした。

 市内の新成人4人が、お神酒を振る舞う巫女さん役となり、訪れた方々をもてなしてくれました。

 ナマハゲになれるのは選ばれた人であり、ナマハゲをやったと自慢話をする人をほほ笑ましく思い出しました。

 男鹿の新成人が、なまはげ柴灯まつりを盛り上げていってくれるのを期待しています。

 実行委員会の本部で、日ごろお世話になっている方々とごあいさつすることができました。柴灯まつりにおいでいただくことで、男鹿を身近に感じていただけたと思います。

 昨年の4月号でご紹介した、ナマハゲが大好きという石川県金沢市の小学3年生の口出君が、ご両親と一緒に今年も来てくれて、お会いすることができました。男鹿のナマハゲの頼もしい応援団です。

 今年は雪が無く、二日目、三日目は雨のため早めに帰った方もおられましたが、三日間の来場者数は昨年より1100人多い6100人でした。

 2月17日、文化審議会(世界文化遺産・無形文化遺産部会)において、平成29年サイクルの審査案件として男鹿のナマハゲを含んだ行事8件「来訪神:仮面・仮装の神々」をユネスコに提案することが決定しました。平成29年11月ころ、ユネスコ政府間委員会において審議される予定です。

 1月15日付けの毎日新聞1面コラム「余録」でも、来訪神行事をユネスコの無形文化遺産に一括登録する動きが取り上げられていました。

 提案要旨には「時代を超え、世代から世代へと受け継がれてきた年中行事であり、来訪神行事を通じて地域の結びつきや、世代を超えた人々の対話と交流が深められている」とあります。男鹿版総合戦略にある「地域社会の維持、活性化」を目指していきましょう。

 

 

 

 
 

市長の主な予定(3月)

日 程 内  容

15日(火)

消防資機材交付式

19日(土)

市の記念日記念式典
22日(火) 男鹿地区消防一部事務組合議会
23日(水) 八郎湖周辺清掃事務組合議会
23日(水)  新入社員合同入社式
23日(水)  男鹿地区衛生処理一部事務組合議会