市長だより 平成27年9月

     

 秋田大学の一日出張実験教室「わくわくドキドキ理科実験室」に参加した際の、スタッフの方から子どもたちへのメッセージをご紹介します。

 『科学する心とは、特別な勉強から生まれるのではなく、どうしてかな?と考えることを止めないこと、できることは確かめてみること、そして記録することです。

 頭だけでなく目、耳、鼻、口、手(五感)を使い、全体で考える習慣と経験が大切です。

 先生からだけではなく先輩や友人、後輩など同じ志を持って勉強している人たちから素直な心で学ぶことはとても大切です。』

 「考えることを止めないこと」は、問題意識を持ち現状に満足せず、より高い目標に向かうことにつながります。

 「確かめてみること」は、行動を起こすことです。実際に動いてみて、何が問題になっているのかが分かりますし、解決のために新たな行動を起こす良い循環が生まれます。

 「記録すること」は、事実関係を整理し物事を客観的に観ることと研究を深めていくことにつながります。

 そして多くの人から「素直な心」で学ぶことは、あらゆることの原点となります。

 実験教室に参加した子どもたちが、これらのメッセージを受け、これからの学びに生かしてもらいたいと思います。

 問題意識を持つ一例として男鹿日本海花火は毎年進化する運営を心掛けています。

 帰りの交通渋滞を緩和するため一方通行にしたり、信号を調整いただいたりと試行を重ねて来ました。

 普段でも時間帯により混雑があるため今年、県、男鹿警察署はじめ多くの方々から御協力をいただき、秋田市に 向かう羽立交差点の右折ラインを一車線から二車線にしていただきました。

 結果をこれから検証し、記録に残し、男鹿日本海花火は帰りもスムーズと言っていただけるよう改善を続けていきます。

 素直な心で考え続け行動を起こし良い結果を求めていきましょう。

 

  

 
 

市長の主な予定(9月)

日 程 内  容

1日(火)~17日(木)

男鹿市議会9月定例会

2日(水)

五里合地区敬老会
11日(金) 市小学校陸上大会
12日(土) 若美地区敬老会

13日(日)

男鹿中地区敬老会

18日(金)

船川地区敬老会
19日(土)

船越地区敬老会

24日(木) 北浦地区敬老会
25日(金) 脇本地区敬老会
28日(月) 消防一部事務組合臨時議会
29日(火) 椿地区敬老会
30日(水) 戸賀地区敬老会