監査委員が行う監査等には次のようなものがあります。

【例月現金出納検査】

毎月例日を定めて、会計管理者等の保管する現金の残高及び出納関係諸表の計数の正確さを検証し、現金の出納事務が適正に行われているか検査します。

【決算審査】

市及び公営企業の決算書等の計数の正確さを検証し、予算の執行又は事業の経営が適正かつ効率的に行われているか審査します。

【財政健全化判断比率審査】

健全化判断比率及び資金不足比率が適正に算定されているか、またその算定の基礎となる書類が適正に作成されているか審査します。

【基金の運用状況審査】

基金の運用状況を示す書類の計数の正確さを検証し、基金の運用が適正かつ効率的に行われているか、また、運用の安全性が確保されているか審査します。

【財政援助団体等監査】

市が補助金や交付金などの財政的援助を行っている団体や公の施設管理を行わせているものなどに対し、その援助に係る出納その他の事務が適正に行われているか、任意の団体を抽出して監査します。

【定期監査】

毎会計年度少なくとも1回以上期日を定めて、市の財務事務の執行や、事業管理が適正かつ効率的に行われているか監査します。

【工事監査】

工事執行に係る事務処理及び施工管理等が合理的かつ適正に行われているか監査します。

【その他】

このほかにも、必要があると認められる時に行う監査や、住民、議会、市長から請求があった時に実施する監査等があります。

【監査結果の公表】

監査委員が行った監査結果等については、報告書・審査意見書などの冊子を作成し、市長・市議会議長へ報告するとともに、ホームページで市民の皆さまに公表しています。