市長だより 平成23年8月

 男鹿駅伝競走大会は60回を迎えました。昭和27年、故高松宮殿下の「八望台」命名を記念して一般4チームで始まり、今回は110チームに参加いただきました。

男鹿駅伝は、一般、大学、高校男女を同日に実施している全国でも例のない大会です。また、全国規模の駅伝として回数は、箱根87回、十和田八幡平駅伝63回に次ぐ伝統があります。

7月初めに開催する男鹿駅伝は、箱根駅伝や全国高校駅伝など、駅伝シーズンに向け各校が選手を掘り起こしていく大会を目指したいと思います。今年は、新たに青山学院大学、法政大学、亜細亜大学、城西大学に出場いただきました。

男鹿駅伝では、一般・大学コースと高校男子のコースが一部重複します。高校生にとって箱根を目指す大学生と一緒に走れるのは良い刺激となります。

高校駅伝で伴走車を許可している大会はほとんどなく、監督が選手の走りをレースでチェックできるのも男鹿駅伝の特色です。

昨年度を見ると男鹿駅伝に参加し、全国高校駅伝に出場した高校は、佐久長聖(長野)、大牟田(福岡)、洛南(京都)、青森山田(青森)、秋田工業(秋田)など10チームです。

また、男鹿駅伝に出場した高校の出身者が箱根駅伝に区間エントリーしたのは11校あり、選手の総数は36名です。男鹿駅伝に出場してくれている東洋大学 を意識しながら観戦していると、佐久長聖(11名)、光星学院(4名)、一関学院・洛南・青森山田・秋田工業・大牟田(各3名)など、この選手が男鹿に来 たのだと思えば、どの大学も応援したい気持ちとなります。

選手の美しいフォームは、沿道から応援する子どもたちの良きお手本です。来年は箱根駅伝のシード校にも出場いただき、一層の競い合いで大会を盛り上げてもらいたいと思っています。

各チームには、男鹿での合宿をお願いしています。心を込めて合宿チームをお迎えし、市内を疾走する選手たちを応援しましょう。そして、躍動感あふれる男鹿市を目指しましょう。

男鹿駅伝競走大会表彰式にて

市長の主な予定(8月)

日 程 内  容 場  所
1日(月) 地域おこし協力隊辞令交付 市役所
国土交通大臣政務官との港湾に関する意見交換会 秋田市
2日(火) 秋田県がん検診推進市町村巡回キャラバン 市役所
一ノ目潟水道管理委員会 男鹿温泉郷
3日(水) ぱしふぃっくびいなす歓迎セレモニー 船川港埠頭
4日(木) 国道101号整備促進期成同盟会総会 市役所
5日(金) 飛鳥Ⅱ、帆船「日本丸」歓迎セレモニー 船川港埠頭
7日(日) 第25回日本海メロンマラソン 若美地区
ラグビー親善試合「JAL対ノーザンブレッツ」 市陸上競技場
8日(月) 8月臨時会 市議事堂
9日(火) 秋田県漁港漁場協会通常総会 秋田市
14日(日) 第9回男鹿日本海花火 船川港
19日(金) 春日井市児童交流学習来庁 市役所
20日(土) 戦没者追悼式 市民文化会館
23日(火) 中学生海外研修報告会 市役所
24日(水) 地方自治法施行60周年記念貨幣打初め式 大阪市
26日(金) 秋田組合病院運営委員会 秋田市
28日(日) 北前船「みちのく丸」歓迎セレモニー 船川港埠頭
船川港築港100周年記念シンポジウム 市民文化会館