市長だより 平成22年4月

 今年の男鹿市の軸となる「教育・環境・観光」の提唱者である石川好先生とお会いする機会がありました。観光面で海外からのお客さま、特にこれからが期待 できるのは中国人の観光客です。中国の内部では、海を見たことがない人がいるとのことで、男鹿の雄大な海をテーマにすればアピールできることが分かりまし た。しかし、外国人観光客を迎えるには課題もあります。現実的には、海だけで男鹿に何泊もというのは難しいので、中国からの東北・北海道ツアーに組み入れ てもらうような連携が必要となります。また、受け入れ態勢も整えなければなりません。まずは言葉の問題です。日常会話程度を話せるスタッフの育成や、外国 語の案内看板を設置しなければなりません。男鹿市では、男鹿を紹介した英語・中国語・韓国語・ロシア語のパンフレットを作成していますので活用していきます。

「男鹿」を意識して、昨年8月に「男鹿のナマハゲ」の商標登録出願申請をしていましたが、本年2月5日付で登録されました。後継者を育成するためや雇用 の面から「劇団なまはげ」として全国を公演してはどうかというアイディアも出されました。一方、なまはげをご覧になりたい方は、男鹿にお越しいただくとい う考え方もあります。なまはげ館に展示されている各地のなまはげの面を活用し、よみがえらすことができないかの検討も含め、十分に議論を重ねたいものです。

環境に配慮すること自体が景観の美しさとなり、観光につながるようにしたいものです。

男鹿市としてやれること、ゴミの分別は出来ているか、山は荒れていないか、景観条例などでそぐわない看板などは撤去し、地域全体として取り組んでこそ結果が出ます。

英国のブレア首相は演説で「やるべきことが3つある。それは、教育・教育・教育」と語りました。観光や環境もどれだけ意識を高く保てるかとなれば「教育」が原点になると思います。

前例踏襲から抜け出し、前向きな気持ちで成功例を創り出しましょう。

湯本児童館閉館式にて 男鹿産の石材を使用した表示看板「白糸の滝」 男鹿産の石材を使用した表示案内板

市長の主な予定(4月)

日 程 内  容 場  所
5日(月) 船川保育園開園式、入園式 船川保育園
6日(火) 男鹿海洋高校入学式 男鹿海洋高校
男鹿北中学校入学式 男鹿北中学校
7日(水) 船川第一小学校入学式 船川第一小学校
15日(木) 男鹿市老人クラブ連合会評議員会 男鹿市民文化会館
18日(日) 第8回寒風山山焼き 寒風山大噴火口周辺
23日(金) 市名誉広報大使の委嘱状交付 男鹿市役所
27日(火) 秋田県市長会定例会 大仙市
28日(水) 中学生海外研修報告会 男鹿市役所